カテゴリー「Vengeance: A Love Story」の記事

2017/10/02

ヴェンジェンスみました

休みだったのでみてきました。
パンフレットはありません。




予告で、だいたいの内容はわかります。

Vengeance0

Vengeance3

Vengeance_a_love_story_170817

今回、髪型が気になってしかたなかった。
後ろの両サイドが
なんか、微妙。

NFPD市警の刑事です。

今回、バーでシングルマザーのティーナと出会いますが
まったく、男女の関係にならなかったのが良かったです。

堅物の地味な刑事で
法で裁けないから、自分でっていうkick ass的な

普通な感じ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/09

ニコラス・ケイジ主演アクション「ヴェンジェンス」9月30日公開!予告&ポスター完成

[映画.com ニュース] ニコラス・ケイジ主演のアクション「Vengeance: A Love Story(原題)」が、「ヴェンジェンス」の邦題で9月30日から日本公開されることが決まった。あわせて、ポスタービジュアル、予告編、場面写真が一挙に披露された。

http://vengeance-nicolas-movie.com/

V640

ジョニー・マーティン監督がメガホンをとった本作は、湾岸戦争の元兵士で、退役後は刑事として働く男ジョンが主人公。仕事の相棒を亡くして以来、失意の日々を過ごしていたジョンは、シングルマザーのティーナに出会い、生きる気力を取り戻していく。そんなある日、ティーナが町のチンピラにレイプされる事件が発生。捕まった犯人グループは、金にものをいわせて雇った弁護士の力で無罪を勝ち取り、再びティーナの前に現れる。ジョンは、“法で裁けぬ悪”に死の制裁を加えることを決意する。

予告編は、ティーナがレイプ被害にあったことを機に、ひょう変していくジョンの姿を映し出す。事件のショックが原因で生きる希望を失うティーナを、「娘の為に生きろ」と支えるジョン。そんな矢先、釈放された犯人グループが再び現れ、ティーナの娘が助けを求める。怒りが頂点に達したジョンは、銃を手に犯人たちを射殺していく。ポスタービジュアルは、ケイジ扮するジョンが銃を構える姿を描いており、鬼気迫る表情が見る者を圧倒する。

なおキャストは、ケイジをはじめ、ドン・ジョンソン、デボラ・カーラ・アンガーらが出演。「ヴェンジェンス」は、9月30日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

http://eiga.com/news/20170708/6/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/15

ニコラス・ケイジ、『ヴェンジェンス:ア・ラブ・ストーリー』監督に?

ニコラス・ケイジが『ヴェンジェンス:ア・ラブ・ストーリー』の監督と主演を務める可能性が出てきた。当初ハロルド・ベッカー監督がメガホンをとる予定 だったのだが、製作費が100万ドル(約1億1300万円)削られてしまったことで降板が決定し、ニコラスが監督役を買って出たようだとデッドラインが報 じている。
2003年に発刊されたジョイス・キャロル・オーテスの小説『レイプ:ア・ラブ・ストーリー』を原作とする同作品の主人公は、ニコラスが引き受ける前までサミュエル・L・ジャクソンが務めることになっていた。
同作品の撮影は今月からアトランタでスタートしたばかりだ。

http://www.cinemacafe.net/article/2016/03/11/38672.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)