カテゴリー「Tokarev」の記事

2014/06/12

ニコラス・ケイジ : 息子との共演秘話語る 「すごくいい仕事ができた」

ハリウッド俳優のニコラス・ケイジさんが、公開中の主演映画「トカレフ」(パコ・カベサス監 督)のメーキングインタビューで、共演した息子のウェストン・ケイジさんについて語っている。劇中で、ウェストンさんはニコラスさん演じる主人公の若いこ ろを演じており、ニコラスさんは「一緒にすごくいい仕事ができた」と振り返っている。

 映画は、旧ソビエト製の拳銃「トカレフ」によって何者かに娘を殺害された父親の復讐(ふく しゅう)劇を描いたサスペンスアクション。愛娘のために犯罪から足を洗った元ギャングのポールをニコラスさん、ポールの若いころをウェストンさんが演じる ほか、ダニー・グローバーさん、ピーター・ストーメアさんらが出演する。

 インタビューでニコラスさんは、ウェストンさんの配役について、「ロシア人ギャングの1人 を演じたら面白いんじゃないか」と考えていたといい、「だけど、ウェストンにポールの若きころを演じさせようと考えたのはパコ(監督)。すごく刺激的なア イデアだった。だって、ウェストンほど僕のことを分かっているやつはいないからね」と当時の心境を吐露。さらに撮影を振り返り、「一緒にすごくいい仕事が できたよ。ポールとどこに向かっていくかについてメモを交わしたりしてね」と語っている




http://mantan-web.jp/2014/06/11/20140611dog00m200073000c.html

撮影は、アラバマ州のモービルだそうですね。

もう一回見に行くので景色なども楽しんでみてきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/07

ニコラス・ケイジ、拳銃テーマの主演作『トカレフ』は「議論を生むだろう」

俳優のニコラス・ケイジが、愛娘の命を奪われた父親の復讐劇を描いた主演最新作『トカレフ』の6月7日公開を前に、作品の魅力や撮影の裏話について語った。

『トカレフ』で主演を務めるニコラス・ケイジ

本作は、ソビエト製の拳銃"トカレフ(TT-33)"によって何者かに娘を殺害された父親の復讐劇を描いたサスペンスアクション。ニコラス・ケイジ演じる父親ポールの、娘への愛、そして復讐に燃える姿が描かれる。50歳を迎えるニコラス・ケイジは、ガンアクションだけでなく、ナイフを使ったバトルアクションやカーチェイスなどに挑戦し、年齢を感じさせない動きを披露している。

ニコラス・ケイジはまず、「とても意味のある作品だと感じた。銃や銃犯罪について様々な議論が交わされる現代社会において、とてもセンシティブで関係の深い問題だと思ったんだ」と脚本を読んだ感想を語り、「自分自身を表現できると思ったし、色々な議論を生むだろうと思ってね」とコメント。そして、「この作品を撮れる人を探していたところ、パコ・カベサスが関わることになったんだ」と監督決定の経緯を説明した。

パコ・カベサス監督の才能について「『ネオンフィッシュ』を見て、パコのオリジナリティ、ユニークさ、役者の素質の引き出し方や役者との関わり方に感銘を受けたよ」と語るニコラス・ケイジは、「僕にとってもっと重要なのは、とても誠実な演技をする女優のマカレナから力強い演技を引き出していたという点だ。その決断力が好きなのさ」と絶賛。そして、「このドラマの緊張感と悲劇性に、果敢に取り組んでくれるだろうと信じていたよ」とパコへの信頼感を示した。

そして、本作で仕事を共にし「パコは広い視野を持った監督だから、とてもいいコラボレーションができたよ」と喜ぶニコラス・ケイジは、「例えば、あるシーンで『ポールは話せる状態じゃないと思う。このせりふを言うことはできないよ』と言うと、パコは『どのように復讐に走るのかを示すのに、どうしても必要なんだ』と答え、そこで『こっちのシーンで言ったらどうだ?』などやりとりが繰り広げられた」と具体例を説明。「そうやって撮影がうまく進んでいるときは、映画の魔法がかかるのさ」と自信を見せている。

なお、共演俳優は、ポールの過去を知る警察官セント・ジョン巡査役で『リーサル・ウェポン』シリーズのダニー・グローバー、ポールのかつてのギャングのボスであるオコネルで『アルマゲドン』のピーター・ストーメアが出演。監督はスペインの新鋭パコ・カベサス、撮影監督は『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』のアンジェイ・セクラが務める。

http://news.mynavi.jp/news/2014/06/06/567/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/28

トカレフ チラシ

P1130809

P1130810
P1130811
P1130812
P1130813

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/05/20

N・ケイジ「トカレフ」×ステイサム「ハミングバード」が割引キャンペーン実施

6月7日に公開されるニコラス・ケイジ主演作「トカレフ」(クロックワークス配給)とジェイソン・ステイサム主演作「ハミングバード」(ショウゲート配給)の共同企画として、鑑賞料金割引キャンペーンが実施されることが決定した。

 アクションスターとして確固たる地位を確立しているケイジとステイサムが主演するこの2作は、どちらも復しゅうをテーマにしたアクション映画。それぞれ体を張ったアクションが堪能できることはもちろん、テーマが共通し公開日も同じであることから、配給会社の垣根を越えたコラボレーションが実現することになった。

 「2度目の復しゅうは1000円」と題された割引キャンペーンでは、「トカレフ」か「ハミングバード」の半券を劇場窓口で提示すると、もう片方の作品が1000円で鑑賞できる。割引が受けられるのは上映期間中のみ、同一の劇場で鑑賞する場合に限られる。東京・新宿バルト9、T・ジョイ大泉含め、全国20カ所の劇場で実施される。

 「トカレフ」は、ソビエト製の拳銃トカレフTT-33によって娘を殺害された元ギャングの復しゅう劇。一方の「ハミングバード」は、ロンドンの裏社会でひっそりと生きる元軍人が、唯一心を通わせていた少女が拉致されたことから、他人になりすましてその世界でのし上がっていく姿を描く。


http://news.ameba.jp/20140519-463/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/04/19

ニコラス・ケイジ主演『トカレフ』6月7日公開…迫力のカーアクションシーン

6月7日公開、ニコラス・ケイジ主演・映画『トカレフ』のカーチェイスアクションシーンの場面写真が公開された。

本作は、ソビエト製の拳銃「トカレフ(TT-33)」によって何者かに娘を殺害された父親の復讐劇を描いたハイエッジ・サスペンスアクション。『96時 間』や『ゲットバック』を彷彿とさせる、娘への愛と、復讐を誓い狂気の鬼と化す父親の姿が描かれる。全編を通してアクションシーンが満載の本作、犯人を捜 すために死体の山を築いていく様は圧巻だ。そして、娘の命を奪った「トカレフ」に隠された秘密とは。

今回公開された場面写真ではニコラス・ケイジがバイクに乗ったロシア・マフィアを、街中を猛スピードで追跡するシーンが映されている。ロシア・マフィアた ちが娘の殺害の秘密を知っているのではと、狂気がかった顔つきで驚異のスピードでハンドルをさばく様に目が釘付けになるはずだ。

また、このカーチェイスに巻き込まれ炎上しながら横転するパトカーの撮影シーンも公開された。クレーンでパトカーを持ち上げながら回転させ撮影していることが分かる貴重な写真だ。

50歳を迎えるもガンアクションだけでなく、カーチェイスにも果敢に挑戦し、年齢を感じさせないアクションシーンを体当たりで演じているニコラス・ケイジの役者魂が伝わってくるに違いない。激しいカーチェイスの行く末は是非劇場で確かめてほしい。

http://response.jp/article/2014/04/19/221575.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/01

ニコラス・ケイジ主演、サスペンスアクション『トカレフ』公開決定&特報解禁!

ニコラス・ケイジ主演最新作『トカレフ』の全国公開が6月7日に決定し、本作の特報&場面写真が解禁された。

 ニコラス・ケイジ主演の最 新作『トカレフ』の公開が6月7日に決定し、これに合わせ、特報映像と場面写真が解禁された。本作は、ソビエト製の拳銃トカレフ(TT‐33)によって何 者かに娘を殺害された父親の復讐劇を描いたハイエッジ・サスペンスアクション。『96時間』『ゲットバック』を彷彿とさせる、娘への愛と、復讐を誓い狂気 の鬼と化す父親の姿が描かれる。全編を通してアクションシーンが満載で、犯人を捜すために死体の山を築いていく様は圧巻だ。娘の命を奪った“トカレフ”に 隠された秘密も描かれる。

 犯罪から足を洗った元ギャングの父親ポールを演じるのはオスカー俳優であり、ハリウッドきってのヒットメーカー、ニコラス・ケイジ。50歳を迎えるもガ ンアクションだけでなく、ナイフを使ったバトルアクションやカーチェイスにも果敢に挑戦し、年齢を感じさせないアクションシーンを体当たりで演じている。

 共演には、ポールの過去を知る警察官セント・ジョン巡査役に『リーサル・ウェポン』シリーズの名優ダニー・グローヴァー、ポールのかつてのギャングのボ ス、オコネルを演じるのは、『アルマゲドン』等でおなじみの個性派ピーター・ストーメア等、豪華実力派俳優が集結。更に監督には『レザボア・ドッグス』 『パルプ・フィクション』の巨匠アンジェイ・セクラという鉄壁の布陣で、アクションをスタイリッシュに描く。

 愛娘の為に犯罪から足を洗い、妻と娘と幸せな生活を送っていたポール(ニコラス・ケイジ)。しかしその生活は一瞬にして地獄と化す。たった一発のトカレ フの銃弾で最愛の娘が何者かに殺害された。途方もない哀しみは歯止めの利かない怒りへと変わり壮絶な復讐劇が幕を開ける。

 『トカレフ』は6月7日より全国公開。

http://tokarev-movie.com/

http://topics.jp.msn.com/entertainment/movie/article.aspx?articleid=3883988

http://www.crank-in.net/movie/news/30189

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/15

ニコラス・ケイジ、娘の誘拐犯を追跡する元悪党役に!

 ニコラス・ケイジが、スペイン人の監督パコ・カベサスがアメリカ映画デビューを果たすスリラー映画『トカレフ(原題) / Tokarev』に出演することになったとDeadline.comなど複数メディアが伝えた。

 ケイジが演じるのは、ポール・マグワイアという、娘の誘拐犯を追跡する元悪党の役。娘の命を救うため、抵抗を感じながらも、足を洗ったはずの闇世界に再び足を突っ込んでいくことになる。

 ダリオ・アルジェント監督の映画『ジャーロ』の脚本家ジム・アグニューとショーン・ケラーが、脚本を手がける。また、ケイジは、エグゼクティブ・プロデューサーの一人にも名を連ねている。現在行われているベルリン国際映画祭のヨーロピアン・フィルム・マーケットで、バイヤーを探しているところだ。

 ケイジは、ジョン・キューザック、ヴァネッサ・アン・ハジェンズと共演の映画『ザ・フローズン・グラウンド(原題) / The Frozen Ground』が完成したばかりで今年公開予定。また、3月22日より全米公開予定の、先史時代に生きる人々を描くドリームワークスのコメディー・アドベンチャー『ザ・クルーズ(原題) / The Croods』では声優を務めている。(鯨岡孝子)

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0050238

| | コメント (0) | トラックバック (0)