カテゴリー「The Runner」の記事

2015/12/14

コンテンダー見てきた。

Contender_large

解説

2010年に実際に起こったメキシコ湾原油流出事故を題材に、事態の解決に努める政治家がスキャンダルで失脚し、極限まで追い込まれていく姿をニコラス・ケイジ主演で描いたサスペンス。原油流出事故に苦しむ市民のために事故の早期解決に奔走する政治家コリン・プライス。しかし、セックス・スキャンダルにより、最愛の妻もキャリアも失い、窮地に追い込まれてしまう。再起を賭けて上院議員選挙に向けて動き出すコリンだったが、そんな彼にさらなる陰謀が待ち受けていた。元市長でもあるコリンの父親役をピーター・フォンダが演じる。監督は本作が初監督作となるオースティン・スターク。
スタッフ

監督
    オースティン・スターク
製作
    ビンゴ・ガベルマン
    グレン・ウィリアムソン
    クリス・パパバジリウ
    エリカ・ハンプソン
    ベンジー・コーン
製作総指揮
    ルース・マッチ
    ノア・ミルマン
    サム・ビスビー
    トム・コニグリアロ
    ガルト・ニーダーホッファー
    トッド・コーエン
脚本
    オースティン・スターク
撮影
    エリオット・デイビス
美術
    マイケル・グラスリー
編集
    マイケル・R・ミラー
音楽
    ザ・ニュートン・ブラザーズ

キャスト

    ニコラス・ケイジ コリン・プライス
    ピーター・フォンダ コリンの父親
    サラ・ポールソン ケイト
    コニー・ニールセン コリンの妻
    ウェンデル・ピアース
    ブライアン・バット

原題     The Runner
製作年     2015年
製作国     アメリカ
配給     ファインフィルムズ


渋谷にて見てきました。
今はもう上映してない感じです。

Img_20151201

あーー
バカマックスみたかったなあ・・・

見たのは2週間くらい前。


コンテンダーはパンフレットありませんでした。

感想・・・・
コリン・プライスに魅力を感じませんでした。
妥協がテーマだったみたいですけどね。
微妙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/22

ニコラス・ケイジ、セックススキャンダルで衝撃ビンタ!?『コンテンダー』

『ラスト・リベンジ』『ザ・レジェンド』『レフト・ビハインド』に続き、今年4作目の出演作『コンテンダー』が公開される名優ニコラス・ケイジ。石油流出事故に立ち向かう政治家役を演じる本作で、浮気が原因で妻から強烈なビンタを食らう、衝撃的な映像が解禁された。

『リービング・ラスベガス』でアカデミー「主演男優賞」を受賞後も多数の作品に出演し、『ナショナル・トレジャー』ではトレジャー・ハンター、『ゴーストライダー』では悪魔と契約したヒーロー、『魔法使いの弟子』では伝説の魔法使い…と、幅広いキャラクターを演じてきたニコラス・ケイジ。本作『コンテンダー』では、実際に起こったメキシコ湾原油流出事故に立ち向かう政治家を演じ、ひと味違う新境地を見せてくれる。

2010年、メキシコ湾での原油流出事故の対応に努める政治家コリン・プライス(ニコラス・ケイジ)。次期選挙も視野に入れ活動する彼は、そのさなかでセックス・スキャンダルに見舞われ、元市長の父親(ピーター・フォンダ)の尽力もむなしく、キャリア、妻デボラ(コニー・ニールセン)、全てを失ってしまう。極限まで追い込まれながらも再起をかけて上院議員選をめざし動き出すコリンだったが、その先には、彼のまわりで利益を得ようとする人々のさらなる陰謀が待ち受けていて…。

今回解禁された本編映像の一部は、自身の過ち=セックススキャンダルが世間にばれてしまい、議員の彼をサポートするメンバーや妻と、政治家としての今後の動きについて話し合うシーン。緊迫したムードが漂う中で、疲れ切った表情のコリンが「こんな問題は、クソ食らえだ!」と発言し、挙句の果てに発した「もう寝よう」という台詞にデボラは激怒! 強烈なビンタを食らわせるという衝撃的な映像に、コリン本人同様、見ているこちらまで呆然としてしまう。

これまで数々の名作に出演し、華麗なアクションや、コミカルな演技で魅せてくれたニコラス・ケイジの新たなる一面を目にすることができる本作。重厚な政治サスペンスをスクリーンで楽しむ前に、まずはこちらの映像でその一片を目にしてみて。

『コンテンダー』は11月28日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

http://www.cinemacafe.net/article/2015/11/20/35834.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/31

ニコラス・ケイジ、『ゴーストライダー』ピーター・フォンダと“父子”競演

2015年、すでに『ラスト・リベンジ』『ザ・レジェンド』『レフト・ビハインド』と3作が日本公開されている、アカデミー賞俳優ニコラス・ケイジ。このほど、その最新作『コンテンダー』(11月28日公開)で、彼の父親役を演じる名優ピータ―・フォンダとのシブい競演シーンの映像が解禁となった。

2010年に起こったメキシコ湾原油流出事故。この事故により苦しむ市民のため、早期解決に努める政治家コリン・プライス(ニコラス・ケイジ)は、次の選挙を視野に入れ活動していた。しかし、その中で起きてしまったセックス・スキャンダルにより、キャリアも妻(コニー・ニールセン)も全てを失ってしまう。元市長の父親(ピーター・フォンダ)の力でもどうにもならず、極限まで追い込まれていくコリン。それでも、彼は再起をかけ上院議員選をめざし動き出すが、その先には、彼の周りで利益を得ようとする人々のさらなる陰謀が待ち受けていた――。

本作は、史上最悪の原油流出とされる2010年のBP石油流出事故という事実をもとに、その“闇”に迫る男を描いた政治サスペンス。主演は、『リービング・ラスベガス』でアカデミー賞「主演男優賞」を受賞し、『ザ・ロック』『コン・エアー』などのハリウッド大作や、熱狂的なファンを持つ『キック・アス』『ゴーストライダー』などにも出演してきた個性派。本作では、“コンテンダー:候補者または競う者”となって、さらなる新境地に挑んでいる。

そんな本作から解禁となったのは、『イージー・ライダー』や『イギリスから来た男』、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた『木漏れ日の中で』などで知られる名優ピーター・フォンダとケイジとの競演シーンの本編映像。フォンダ演じる元ニューオーリンズ市長が、ケイジ演じる下院議員の息子コリンに、父として経験者としての助言をする場面だ。政治家としての活動が行き詰まり、もがく息子に自らの経験から、「自腹は切るな もっと単純にやれ」「いい人間だと思わせるんだ」と話し、さまざまな醜態をさらしても、最後は“良いイメージが勝る”と教えるフォンダ。

『ゴーストライダー』ではケイジをだます悪魔として登場した彼が、今度は父親として助言を授ける競演シーンを、こちらから確認してみて。

『コンテンダー』は11月28日(土)より新宿バルト9他にて公開

http://www.cinemacafe.net/article/2015/10/30/35315.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/21

映画『コンテンダー』はニコラス・ケイジ主演の社会派サスペンス

映画『コンテンダー』( 原題 The Runner )は環境事故としては史上最大クラスとされる“2010年メキシコ湾原油流出事故”を題材とした社会派サスペンス映画。

主演はニコラス・ケイジ。そして名優ピーター・フォンダが父親役で、元ニューオーリンズ市長を演じている。この2人が、政治家として父と息子として対峙するシーンは見どころのひとつ。
映画『コンテンダー』あらすじ

2010年、メキシコ湾原油流出事故が起きる。この事故により苦しむ市民の為、早期解決に努める政治家コリン・プライス(ニコラス・ケイジ)は、次の選挙を視野に入れて活動。しかし、その中で起きてしまったセックス・スキャンダルによりすべて、キャリアも妻(コニー・ニールセン)も失ってしまう。元市長の父親(ピーター・フォンダ)の力をもってしても失墜は免れず、コリンは極限まで追い込まれていく。それでも、彼は再起をかけ上院議員選をめざし動き出す。だが、利益を得ようとするコバンザメのような人々を含めさらなる陰謀が待ち受けていた。

メキシコ湾原油流出事故
2010年4月20日、米国ルイジアナ州ベニス沖にある英国企業BP社の原油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」において、大規模な暴噴事故が発生。メキシコ湾沖合80キロメートル、水深1,522メートルでの作業。噴出した油が爆発を起こし、その大事故により、そこにいた126名のうち11名が行方不明となった。その後も流出は止まらず、世界の生態系に重大な影響を及ぼすことが懸念されるまでに至った。環境事故としては史上最大クラス。
これによる純損失は171億5千万ドル(約1兆5千億円)とされ、その損失額は英国企業の歴史上もっとも大きいといわれる。



[スタッフ]
監督・脚本=オースティン・スターク『ウォッチャーズ』プロデュ―サー※初監督作品 
編集=マイケル・R・ミラー『ゴーストワールド』
撮影=エリオット・デイヴィス『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

[キャスト]
ニコラス・ケイジ、ピーター・フォンダ、コニー・ニールセン、サラ・ポールソン

アメリカ映画/90分
原題=The Runner (2015) IMDb
米国公開=2015年8月7日
日本公開=2015年11月28
配給=ファインフィルムズ
公式サイト=http://www.finefilms.co.jp/contender/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/30

ニコラス・ケイジが原油流出事故に迫る政治家に挑戦 政治サスペンス予告公開

2010年メキシコ湾原油流出事故を題材にしたニコラス・ケイジ主演の政治サスペンス「ザ・ランナー(原題)」が、「コンテンダー」の邦題で11月28日に劇場公開が決まり、予告編と日本版ポスタービジュアルが完成した。

Contender_large

2010年4月20日、メキシコ湾沖で作業中だった英BP社の原油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」で大規模な爆発が発生。作業員126人のうち11人が行方不明となり、大量の原油が海に流れ出す惨事となった。5月に「ラスト・リベンジ」、6月に「ザ・レジェンド」「レフト・ビハインド」と立て続けに主演作が公開されたケイジが、同事件をモチーフにした本作では事故の闇に迫る政治家役に挑んでいる。

政治家コリン・プライスは、市民のためメキシコ湾原油流出事故の早期解決に乗り出すが、セックススキャンダルによりすべてを失ってしまう。再起をかけ上院議員選を目指し動き出すが、欲望渦巻く陰謀が待ち受けていた。

予告編は、人々のために奔走する主人公が、一度の過ちで転落しながらも、再び立ち上がる姿をとらえた。「イージー・ライダー」のピーター・フォンダが、ケイジ扮するコリンの父親で元ニューオーリンズ市長役で共演している。ポスタービジュアルでは、ケイジが星条旗、ホワイトハウス、燃え盛る原油掘削施設に挟まれ、巨大な力に翻ろう政治家の葛藤(かっとう)を表現している。

「コンテンダー」は、11月28日から東京・新宿バルト9ほかで公開。

http://eiga.com/news/20150930/12/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/23

ニコラス・ケイジ、セックス・スキャンダルに巻き込まれた政治家に!

ハリウッドの人気俳優ニコラス・ケイジが、新作映画『ザ・ランナー(原題) / The Runner』に出演することがDeadlineや複数のメディアによって明らかになった。  本作は、映画『ウォッチャーズ』『ハッピーサンキューモアプリーズ ニューヨークの恋人たち』を製作したオースティン・スタークが、ペイパー・ストリート・フィルムズとバック・ロット・ピクチャーズ・プロダクションの下で企画している作品。監督兼脚本もスタークが務め、ニコラス・ケイジが主演に決定したようだ。  2010年メキシコ湾原油流出事故後を舞台に、セックス・スキャンダルでキャリアが地に落ちたニューオーリンズの政治家コリン・プライスが、機能不全となった人生を取り戻そうとするストーリー。撮影は6月からニューオーリンズで行われるようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki) http://topics.jp.msn.com/entertainment/movie/article.aspx?articleid=4465021

[シネマトゥデイ映画ニュース] ハリウッドの人気俳優ニコラス・ケイジが、新作映画『ザ・ランナー(原題) / The Runner』に出演することがDeadlineや複数のメディアによって明らかになった。

http://www.cinematoday.jp/page/N0063141

 本作は、映画『ウォッチャーズ』『ハッピーサンキューモアプリーズ ニューヨークの恋人たち』を製作したオースティン・スタークが、ペイパー・ストリート・フィルムズとバック・ロット・ピクチャーズ・プロダクションの下で企画している作品。監督兼脚本もスタークが務め、ニコラス・ケイジが主演に決定したようだ。

 2010年メキシコ湾原油流出事故後を舞台に、セックス・スキャンダルでキャリアが地に落ちたニューオーリンズの政治家コリン・プライスが、機能不全となった人生を取り戻そうとするストーリー。撮影は6月からニューオーリンズで行われるようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

| | コメント (1) | トラックバック (0)