カテゴリー「Ghost Rider 2」の記事

2013/06/19

名物コンビ監督の“燃焼系”動画と映像特典情報が解禁! ニコラス・ケイジ主演『ゴーストライダー2』 ブルーレイ&DVD 9月18日(水)発売決定!

http://cinetri.jp/news/ghostrider2_bd/

名物コンビ監督の“燃焼系”動画と映像特典情報が解禁! ニコラス・ケイジ主演『ゴーストライダー2』 ブルーレイ&DVD 9月18日(水)発売決定!

Ghostrider2_bd

『ゴーストライダー2』
2013年9月18日(水) 発売 ※レンタル 9月3日(火)先行リリース!
DVD セル版 ¥3,990(税込)
Blu-ray セル版 ¥4,935(税込)
ゴーストライダー2 3D+2D Blu-rayセット<2枚組> ¥6,090(税込)
ゴーストライダー1&2 スペシャルツインパック
<Blu-ray2枚組・スチールケース>【数量限定生産】 ¥6,090(税込)

発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C) 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.












| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪華映像特典満載! 『ゴーストライダー2』ブルーレイ&DVDが9月18日に発売

名優ニコラス・ケイジが地獄の炎で悪を殲滅するダークヒーロー役を怪演する『ゴーストライダー2』。本作のブルーレイ&DVDが、豪華映像特典満載で9月18日(水)に発売されることが決定した。

『アベンジャーズ』(12)同様、マーベル・コミックの人気ヒーローが主人公の『ゴーストライダー』(07)の続編で、人間と悪魔が内在する孤高のダーク ヒーロー、ジョニー・ブレイズの葛藤と死闘を描くアクション巨編。キャラクターに惚れ抜いたケイジがスタントなしで主人公を熱演! CG処理のシーンでも骸骨メイクを施すほどの熱い役者魂も話題を集めた。

9月18日(水)に登場するパッケージには劇場公開時にはなかった3D版の本編に加え、さまざまな豪華特典を搭載する予定。セルBD(3D)には “Riding into Another Dimention”と題した大迫力の3D映像制作に迫るドキュメント、セルBD(2D)にはニコラス・ケイジほかキャストやスタッフの貴重なインタ ビューとメイキング映像が楽しめるメイキング・ドキュメンタリー“The Path to Vengeance: Making Ghost Rider”などが収録される予定だ。

また、セルDVDとセルBD(2D)には、劇場公開時に来日した、監督コンビのひとりブライアン・テイラーのインタビューも収録予定。「コイツは、俺にとっては“キャプテン・アメリカ”だ」とマーベル・コミック作を強く意識。その“燃焼系”インタビューも見逃せない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/25

ゴーストライダー2試写会情報

『ゴーストライダー2』一般試写会

日時 2013年1月28日(月)開場18:30/開映19:00
場所なかのZERO 大ホール(東京都中野区中野2-9-7)
当選人数5組10名様

http://news.livedoor.com/article/detail/7219302/

1/28なかのZERO 大ホールで試写会があるようです。
検索してみてください。

『ゴーストライダー2』 映画試写会情報

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/12/23

ニコラス・ケイジも驚く「ゴーストライダー2」特別映像を入手!

[映画.com ニュース] マーベル・コミックのヒーローの中でも、ひときわ異彩を放つ“ゴーストライダー”の映画化第2弾「ゴーストライダー2」から、ニコラス・ケイジ、監督のマーク・ネベルダイン&ブライアン・テイラーが同作の見どころを語る特別映像を入手した。

前作に続き主人公ジョニー・ブレイズ(ゴーストライダー)を演じたケイジは、「前作とは完全に別物だ」と続編を語る。撮影されたシーンの実に「4分の1が危険なスタントシーン」で、「ほとんど無謀」と言い切っている。ネベルダイン&テイラー監督はリアルさにこだわり、本作では極力CGを使わずにスタントもバイクアクションもすべて“本物”がベース。“地獄のヘルバイク”にまたがったゴーストライダーが炎に包まれて爆走する本編映像も盛り込まれ、前作を遥かに上回る緊迫感とスピード感が作品にあふれる様子が伝わってくる。

また、イドリス・エルバ扮する僧侶が、崖からバイクごとダイビングするシーンの撮影風景も紹介。ワイヤーに吊られたカメラマンと一緒に崖を飛び出すアクションに、エルバは「マジかよって思った」と感想を漏らしている。

「ゴーストライダー2」は、悪魔と契約してゴーストライダーになったジョニーが、その呪いを解くために、ある運命を背負った少年を助けようとする姿を描くヒーローアクション。監督はマーク・スティーブン・ジョンソンから「アドレナリン」シリーズのネベルダイン&テイラーにバトンタッチされ、前作のイメージを一新するハイテンションな作品へと変化を遂げている。共演はビオランテ・プラシド、キアラン・ハインズ、クリストファー・ランバート。2013年2月8日から全国公開。

http://eiga.com/news/20121220/13/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/25

史上初!『ゴーストライダー2』の“しゃべるチラシ”とは?

ニコラス・ケイジ主演作『ゴーストライダー2』が来年2月に公開されるのを記念して、映画界で初となる“しゃべるチラシ”が公式サイトで公開されている。


本作は、マーベル・コミックの人気キャラクターを映画化した『ゴーストライダー』の続編。父親を死から救うため悪魔と契約し、自らの中にゴーストライダーを宿してしまったジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)が、悪魔に狙われた少年を助け、自らの呪いを解くために戦う姿を描く。

“しゃべるチラシ”は、本作の宣伝チームが「よりシンプルに、よりスムーズに本作の魅力を伝えたい」という想いで始めた企画で、通常のように印刷された文面や写真を見るのではなく、動画でチラシの内容をより詳しく、よりダイレクトにPRするもの。閲覧方法は映画公式サイト内の“しゃべるチラシ”ボタンをクリックするだけ。“赤ペン瀧川先生”こと瀧川英次が、しゃべるチラシプレゼンターとして登場し、本作の基本情報や魅力を熱く語っている。ちなみに“しゃべるチラシ”は現在、第1弾のコンテンツが公開されているが、以後も第2弾、第3弾を予定しており、続けて観ることで、より深く『ゴーストライダー2』の世界を予習できる仕組みになっているという。

『ゴーストライダー2』
2013年2月8日(金)丸の内ピカデリー他全国ロードショー

http://www.asahi.com/showbiz/pia/AUT201210240135.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔も恐れる燃焼型ヒーロー、再降臨!ニコラス・ケイジ主演『ゴーストライダー2』ポスタービジュアル&予告編解禁!しゃべるチラシも!

マーベルコミックの大人気キャラクターをニコラス・ケイジが演じる、燃焼系エンターテイメント『ゴーストライダー2』。2013年2月8日(金)から全国公開される本作のポスタービジュアル&予告編が解禁となった。さらに史上初となる「しゃべるチラシ」が、公式サイトで公開となった。

『ゴーストライダー2』予告編はコチラ

Ghostrider121024_2
____________________________________________________________

【「しゃべるチラシ」についての『ゴーストライダー2』宣伝チームのコメント】

情報過多の現在。溢れかえっている情報を拾うのが大変な時代。そんな中、チラシの裏面を観て、読んで情報を理解するというのは大変な作業なのかもしれないと思いました。そんな中、私ども『ゴーストライダー2』宣伝チームはよりシンプルに、よりスムーズに本作の魅力を伝えるためにしゃべるチラシを開発しました。

また「ゴーストライダー」はマーベルコミック原作でありつつ、『アベンジャーズ』の枠には収まりきれない最強で、孤高のダークヒーローであり、世界中に熱狂的なファンがいるキャラクターです。ここ日本でも語りたがっている人が多い事がから事からこの企画が成立致しました。

「しゃべるチラシ」を聞くのは至って簡単。公式サイト(PC)にアクセスし、「しゃべるチラシ」ボタンをクリックすると映像がアップ。既に『ゴーストライダー2』をご覧になった方が本作の魅力を熱く語って頂きます。

「しゃべるチラシ」第一弾では、本作主演のニコラス・ケイジさんの大ファンであり、本作も既にご覧になり、激アツになってくださった赤ペン瀧川先生こと、瀧川英次さんです。

まずは10月20日よりVolumn1として本作の基本情報を熱く語って頂き、Volumn2では「本作の新たなストーリー」、Volumn3では「本作の主演ニコラス・ケイジ」を多いにホットに語って頂きます。

【瀧川英次 プロフィール】
神奈川県出身。日本の役者。mixiの人気コミュニティ「エロメール添削 赤ペン瀧川先生」管理人。NTV「映画の穴」レギュラー出演中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコラス・ケイジが燃え尽きる! 「ゴーストライダー2」激アツ本予告映像がついに解禁

地獄ヘルバイクに乗って奴が帰ってくる-!マーベルコミック伝説のキャラクターをニコラス・ケイジが演じる燃焼系エンターテイメント「ゴーストライダー」最新作、「ゴーストライダー2」の本予告映像が解禁となった。 父親を死から救うため悪魔と契約し、自らの中にゴーストライダーを宿してしまったジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)。彼は憎しみや怒りに呼応して、本人の意志とは関係なく突然現れる復讐の精霊“ゴーストライダー”の存在に苦しみ続けていた。生まれた場所を遠く離れ、人知れず静かに暮らしていたジョニーの元に、僧侶モローが訪れる。モローはジョニーと契約を結んだ張本人である悪魔ロアークが、新たに取り憑く“体”として狙っている少年を助けて欲しいとジョニーに依頼する。そして、もし少年を助けたら、ジョニーの中に宿ったゴーストライダーの呪いから解放する方法も教えてくれるとも-。

 解禁となった予告動画では、ゴーストライダーに変身し燃えさかるバイクで疾走するジョニーなど、迫力の映像が次々に展開。悪魔も恐れる燃焼型ヒーローがパワーアップして再降臨する様を体験できる仕上がりとなっている。

 また「ゴーストライダー2」では、史上初の“しゃべるチラシ”も展開中。「ゴーストライダー」PC公式サイトにアクセスし、「しゃべるチラシ」ボタンをクリックすると映像がアップ。ニコラス・ケイジの大ファンで、既に「ゴーストライダー2」を観た赤ペン瀧川先生こと瀧川英次氏が、本作の魅力を激アツで語っている。

 「ゴーストライダー2」は2013年2月8日(金)、丸の内ピカデリー他全国ロードショー

http://woman.infoseek.co.jp/news/celebrity/hwchannelw_20121024_2095010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/15

ニコラス・ケイジ主演『ゴーストライダー2』公開日変更

マーベルコミックの大人気キャラクターをニコラス・ケイジが演じる、燃焼系エンターテイメント『ゴーストライダー2』

http://www.gr2.jp/index.html

の初日が2013年2月8日(金)に変更となりました。

http://blog.moview.jp/article/58211423.html#more

続きを読む "ニコラス・ケイジ主演『ゴーストライダー2』公開日変更"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/16

『アベンジャーズ』の枠に収まらない!『ゴーストライダー2』邦題&初日決定!

燃え上がれ!復讐の業火!地獄ヘルバイクに乗って奴が帰ってくる!
悪魔も恐れる燃焼型ヒーローが今、パワーアップして再降臨!!

マーベルコミックの大人気キャラクターをニコラス・ケイジが演じる燃焼系エンターテイメント『 Ghost Rider: Spirit of Vengeance』(原題)の邦題が『ゴーストライダー2』に決定し、来る2013年2月1日(金)に新宿ピカデリー他にて全国ロードショーする事が決 定致しました。

地獄の炎に包まれたバイク(ヘルバイク)に乗って、悪魔と戦う伝説のヒーロー“ゴーストライダー”。マーベル・コミックの人気キャラクターを描いた本作は2007年に公開されたアクション超大作『ゴーストライダー』の待望の続編です。
8月17日公開(8月14日先行上映)のマーベルコミックのオールスター映画『アベンジャーズ』の宣伝が最高潮に盛り上がりを見せている中、『アベンジャーズ』の枠には決して収まる事ができない最強にして、孤高のダークヒーローがここ日本に再降臨し燃え上がらせます。

監督は『アドレナリン』『GAMER』のマーク・ネヴェルダインとブライアン・テイラー。主演は「このキャラクターを愛してやまない」と公言するハリウッ ドのトップスター、ニコラス・ケイジが再び、主人公ジョニー・ブレイズ、そしてゴーストライダーの二役を演じます。 『プロメテウス』のイギリス人俳優イドリス・エルバや、ヒロインを演じるのはイタリア人女優ヴィオランテ・プラシドなど、世界各国から豪華キャストが集 結!
日本での劇場公開は松竹/ポニーキャニオンの共同配給。

2013年2月1日(金)、遂にその熱き想いが日本に到着する。どうぞご期待ください!

N0022169_l

http://www.gr2.jp/index.html

http://blog.livedoor.jp/ghostrider2/

http://eiga.com/news/20120814/7/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/28

『ゴーストライダー2:復讐の精霊』』はダーク&過剰でニック・ファン安心の一作!

前作『ゴーストライダー』でメフィストの息子・ブラックハートたちを倒したジョニーだったが、契約による呪いは解けないまま物語は終わっていた。し かし今回の続編『ゴーストライダー:復讐の精霊』は特に前作のストーリーを引き継いでるわけではなく、新たなゴーストライダー物語と言ってよいだろう。

  ストーリーは「前作から数年後、いまだ呪いの力から逃れられずにいるジョニーは、東ヨーヨッパのド田舎で隠居生活を送っていた。そんな彼のもと に、由緒ある教会からの使者である武闘派修道士モロー(イドリス・エルバ 『マイティ・ソー』の“世界の監視者”ヘイムダル)が現れ、悪魔ロアーク(キー ラン・ハインズ:『裏切りのサーカス』他)に追われている母子を守るため用心棒として雇われる・・・」というもの。

  オープニングから、どことなく『シン・シティ』を思わせるコミック風の演出が施され、意外なほどのキャッチーさを漂わせている本作。しかし映画 全体を覆うトーンは暗く、常に曇り空のようなダークな雰囲気。しかも我らがニコラス・ケイジは登場するなり脂汗MAXなうえ、終始どアップで暑苦しさこの 上ない!『バッド・ルーテナント』での演技を思い起こさせる、ラリったようなハイ・テンション演技でニック・ファンをニヤリと安心させてくれるぞ!ちなみ に本作ではバイクがハーレー・ダビッドソンからYAMAHAV-MAXに変わっている点も要注目である。

  特殊能力を持ったモンスター系の強敵は出てこないし、ド派手なアクション・シーンがあるわけでもない。が、宗教的設定を持ちこんだ“オカルト 感”や、ゴーストライダーが本来持っている“ダークヒーロー感”を、約90分で小気味よく描いている。それもそのはずで、監督は『アドレナリン』シリーズ や『GAMER:ゲーマー』などで評価の高い、マーク・ネヴェルダイン&ブライアン・テイラーのコンビだ。なお本国では3D上映もされているので、“飛び だすニコラス・ケイジ”が日本でも観られることを期待して来年の公開を待とう!

  『ゴーストライダー:復讐の精霊』は2013年2月日本公開予定(情報提供:Hottrash.com)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0528&f=entertainment_0528_013.shtml

http://news.livedoor.com/article/detail/6601826/

http://movie.nifty.com/cs/movie-news/dtl/HT2-eb7f/1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧