カテゴリー「噂」の記事

2011/03/28

ニコラス・ケイジとジョン・トラヴォルタが、『フェイス/オフ』以来の共演なるか

[シネマトゥデイ映画ニュース] 映画『ノウイング』や『魔法使いの弟子』のニコラス・ケイジと、映画『パリより愛をこめて』や『サブウェイ123  激突』のジョン・トラヴォルタが、14年ぶりに2作のインディ作品で共演する可能性があることがDarkHorizons.comによって明らかになっ た。

 まず最初の作品は、エヴァン・ダグハーティが執筆した『シュラプネル(原題) / Shrapnel』で、アメリカ人に重傷を負わされた元ボスニア軍人が、アメリカ人をハンティングに騙して誘い出し、復讐していくというアクション映画。 同作の監督は、ジョン・マクティアナンがメガホンを取る予定でいたが、現在マクティアナン監督は、2006年に私立探偵アンソニー・ペリカーノに不法盗聴 を依頼した件で、FBIの取り調べを受けたさいに、虚偽の証言をしたとして去年の10月に禁固1年の判決を下されているため、6月に撮影する予定の同作を 監督できるかわからない。

 次の作品は、映画『疑惑の幻影』や『ジャズ・シンガー/ジャッキー・パリスの生涯』などの脚本家兼監督レイモンド・デ・フェリッタがメガホンを取 る予定で、そのレイモンド監督の父親フランク・デ・フェリッタが執筆した『シー・トライアル(原題) / Sea Trial』で、同作はロマンチックなクルーズ旅行中に、中年のカップルと出会ったことから地獄のような旅行に変わっていくというコメディ映画。製作は、 映画『ダークナイト』のチャールズ・ローヴェンが行う予定だ。

 前回、彼ら二人が共演したのは映画『フェイス/オフ』だが、再び共演することになると話題を呼びそうだ。

N0031283_l

http://www.cinematoday.jp/page/N0031283

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/26

John Travolta and Nicolas Cage May Face-Off Again

It’s been fifteen years since Nicolas Cage and John Travolta traded faces, and now, Vulture hears exclusively that they may be reuniting again on not one, but two indie thrillers.

The first to go could be Shrapnel, a script by Evan Dougherty that appeared on the 2008 Hollywood Black List of best unproduced screenplays, and which we’re told is readying for a June shooting start. It follows a former Bosnian soldier who seeks vengeance against the American who badly wounded him by disguising a deadly war game as a friendly backwoods hunting trip.

Shrapnel had actually landed John McTiernan (Die Hard) as a director in September of last year. But then, last October, McTiernan was fined $100,000 and sentenced to a year in prison for perjuring himself to FBI agents who were investigating the Anthony Pellicano Hollywood wiretap case — a sentence McTiernan’s currently appealing while free on bail.

The other indie project competing for Cage and Travolta’s attention is a Chuck Roven–produced thriller called Sea Trial, from City Island writer-director Raymond De Felitta. (Small-world watch: McTiernan was indicted for lying to the Feds about having had knowledge of Pellicano’s wiretapping of Roven, the producer of McTiernan’s 2002 flop Rollerball.) Sea Trial is based on the eponymous novel by De Felitta’s father, novelist Frank De Felitta (Audrey Rose; The Entity). This second project, however, is still lining up financing.

http://nymag.com/daily/entertainment/2011/03/john_travolta_and_nicolas_cage.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/29

ニコラス・ケイジ、『コン・エアー』パート2?

997年製作のニコラス・ケイジ主演のアクション映画『コン・エアー』の続編を作りたいと、サイモン・ウェスト監督が熱望。

 新作『メダリオン』でケイジと一緒の仕事をするウェストは、その期間中に続編の計画を進める予定だとコメントした。

 

「やりたい作品が2つくらいある。是非『コン・エアー2』はやりたい。出来たら、最高だね。メンバー全員を集められるかってところがポイントだけど。すご く多くの人が関わっているし、みんなを同意させられるかがポイントだね。でもニック(ケイジ)には話してみるつもりだよ。こっそりと話してみるよ。もし僕 達2人がヤル気になったら、他の人にもあたってみるつもりさ」

 ジェイソン・ステイサム主演の最新作『ザ・メカニック』が公演間近でもあるウェスト監督、シュールレアリズムの代表的なアーティスト、サルバドール・ダリの一生や作品をベースにしたファンタジー作など、やりたい作品が山ほどあるという。
 「サルバドール・ダリについてのCG/ファンタジー、『ダリ』もやりたい。やろうとしている作品が僕の棚には山積み状態だよ。子供向けのファンタジー大作もあるんだ。なるべく早くその山に取りかかれることを願うよ」

あくまでも噂です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/27

ニコラス・ケイジ主演の『コン・エアー』の続編企画あり?オリジナルの監督が示唆!

[シネマトゥデイ映画ニュース] 映画『トゥームレイダー』のサイモン・ウェスト監督が、自身のデビュー作『コン・エアー』の続編を考えていることがComingsoon.netによって明らかになった。

 これは、サイモン監督がメガホンを取った新作『ザ・メカニック(原題) / The Mechanic』のプロモーションのために、CraveOnlineのインタビューに答えたもので「『コン・エアー2』をやりたいと思っている。ただ、(オリジナルのキャスト)全員を再び出演させられるかが問題になってくると思う。(前作で)かなり多くの人々がかかわってきたために、いかに彼らを同意させるかにかかっている。とりあえず、ニック(ニコラス・ケイジ)にこの企画を持ち込んでみようと思っていて、彼にしつこく迫ってみようとも思っている。もし僕ら二人が製作する気になったら、ほかの俳優たちもキャストすることになるだろう」とコメントを残している。

 サイモンとニコラスは、この企画の前に『メダリオン(原題) / Medallion』という作品で再タッグを組むことになっていて、そこでサイモンはこの企画を持ち込む予定でいるようだ。

 『コン・エアー』は、酒場で妻にからむ酔っぱらいともめて、その酔っぱらいを殺害してしまったキャメロン(ニコラス・ケイジ)が、模範囚として仮釈放され、その護送用の囚人専用の飛行機に搭乗したさいに、凶悪犯の囚人たちに飛行機がハイジャックされ、正義感の強いキャメロンは事態をなんとか打破しようとするが、どんどん状況が悪化していくというストーリー。この映画で、ジョン・キューザック、ジョン・マルコヴィッチ、スティーヴ・ブシェミ、ヴィング・レイムスなどの個性派俳優が勢揃いしていた。

 確かに、これだけの俳優を全員そろえるのは難しそうだが、新たな企画は興味深い作品になりそうだ。

http://www.cinematoday.jp/page/N0029852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/26

ニコラス・ケイジほかおやじキャストが再結集? 「コン・エアー2」制作か

Con Air 2


  「トゥームレイダー」(01)や「ストレンジャー・コール」(06)などのアクション映画で知られるサイモン・ウェスト監督が、1億ドル超えの大ヒットとなった1997年の「コン・エアー」の続編に意欲を示していることがわかった。

  「コン・エアー」はイギリス出身のウェスト監督にとってハリウッドデビューとなった作品。ハイジャックされた囚人専用の護送機で起きる、囚人同士の闘 いを描いたサスペンス・アクションで、ハリウッドのヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーをプロデューサーに、主演にニコラス・ケイジ、ジョン・ キューザック、ジョン・マルコヴィッチ、スティーヴ・ブシェミらを迎えて作られた。

  ウェスト監督は、2012年に公開が予定される「Medallion(原題)」で久々にニコラス・ケイジと再び組んだが、彼を再び主役に据えて「コン・エアー」の続編を撮りたいと願っているそうだ。

  「ぜひやりたいね。素晴らしいと思う。問題はどうやってキャストを集めるかだ。大勢の人が関わっているし、全員に了承を得ないといけない。でもニック(ニコラス・ケイジ)は呼ぶつもりだよ。もし我々二人がやりたいと同意したらあとは動きだすだろう」。

  ネタ不足にあえぐハリウッドだが、ついに「コン・エアー」まで続編が出るとは!

http://www.hollywood-ch.com/news/11012612.html?cut_page=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)