« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016/10/29

俺だよ、俺、ニコラス・ケイジだよ!オールナイトで出演作4本を上映

ニコラス・ケイジの出演作を集めたオールナイト上映が、10月29日の深夜から翌朝にかけて東京・新文芸坐にて行われる。

News_thumb_nicolascageallnight_2016

1982年に「初体験/リッジモント・ハイ」で映画デビューを飾り、1995年には「リービング・ラスベガス」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイジ。このイベントでは、さまざまなジャンルの映画に出演してきたケイジの主演作4本がスクリーンにかけられる。

ラインナップには、うだつのあがらない中年警官と若手警官の2人が犯罪に手を染めていく「ダーティー・コップ」、前科を持つ森林伐採業者の男と15才の少年の交流を描く「グランド・ジョー」、ケイジがスキャンダルによって窮地に追い込まれる政治家役に挑んだ「コンテンダー」、娘を殺された父親が復讐に乗り出すサスペンスアクション「トカレフ」が並ぶ。

なお、入場者の中から抽選で現在公開中のケイジ主演作「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」より、“ニコラス・ケイジ飴”が9名にプレゼントされる。前売り券は劇場窓口およびチケットぴあにて販売中だ。


http://natalie.mu/eiga/news/206671

すごく行きたいんですけど

土日に仕事が休めないから無理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/14

モト冬樹、そっくりさんとして映画PR

タレントのモト冬樹(65)が13日、都内で行われた映画「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」(22日公開)のイベントに出席した。

 米俳優のニコラス・ケイジ(52)が演じる大学教授のマイクが、ハロウィンの晩に謎のメッセージを残して失踪した息子を救うため、ゴーストたちとの壮絶バトルや頭脳戦を繰り広げる。

 ケイジにどことなく風貌が似ていることから司会者に「和製ニコラス・ケイジ」と呼び込まれたモトは、「ニコラスの映画と言ったら、僕が出てこないわけにはいかないでしょう」とまんざらでもない表情。似ている自覚があるそうで「僕が最初に『(ケイジと自分が)似ているな』と気づいたのは、映画『フェイス/オフ』を見てから。あの映画の中で(ケイジが)首を絞められて逆さまになるシーンがあるんだけど、それがソックリだったの」と意外なシーンをあげ、笑いを誘った。

 さらにモトは「ニコラスのファンでもあるけど、ホラー映画のファンでもある。これもすごくおもしろかった」と笑み。「めちゃめちゃ楽しめました。緊張感の続く良い映画なので、いっぱい楽しんでください」と太鼓判を押した。
http://www.news24.jp/articles/2016/10/13/08343585.html

試写会に当たった人はお面もらえたみたいですね。
いいなーーー

Img_1428

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/11

ニコラス・ケイジ会心の現代版ドン・キホーテ『アーミー・オブ・ワン(原題)』予告編!!

『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』や『ブルーノ』、そして『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』といったサシャ・バロン・コーエン作品でメガホンを撮ってきたラリー・チャールズ最新作で、主演をニコラス・ケイジが務める危険なバカコメディ『アーミー・オブ・ワン(原題)/Army of One』の予告編されました。

Armyofonenicolascage

躁気味の元ペテン師で現在は無職のフォークナー(ニコラス・ケイジ)は、ある日、「パキスタンでオサマ・ビン・ラディンを捕まえなさい。それがお前の運命だ」という神様からのお告げを受けてしまう。そして本当にパキスタンに向かったフォークナーは、刀一本だけを手にして捜索を開始する。

予告編ではロバに乗るフォークナー(ニコラス・ケイジ)が登場するなど、現代版「ドン・キホーテ」を強く意識した作品であることがよくわかりますが、とにかくニコラス・ケイジが幸せそうで何よりです

Armyofoneposter

http://beagle-voyage.com/movie-army-of-one-trailer-nicolas-cage-2016.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »