« ニコラス・ケイジ、映画『ダーティー・コップ』で共演のイライジャ・ウッドとは非常にいい関係!と語る | トップページ | モト冬樹、SMAP解散のニュースを聞き「さみしいですね」 »

2016/08/12

映画『ダーティー・コップ』 アカデミー賞®俳優ニコラス・ケイジ オフィシャルインタビュー

アカデミー®賞受賞俳優ニコラス・ケイジとイライジャ・ウッド(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ)が共演した、ノンストップ・サスペンスアクション映画『ダーティー・コップ』が 8/20(土)角川シネマ新宿 他にて全国順次公開となります。

本作で、徐々に犯罪への熱を帯びて怪物化していく最凶の汚職警官を怪演したニコラス・ケイジに電話インタビューを実施致しました。


Q:1.ブリュワー兄弟監督は、今回が初めての長編監督作品となりますが監督とお仕事された印象はいかがでしたか?

◆ブリュワー兄弟監督はとても映画のことをわかっていたし、情熱的だった。

二人に初めて会った当時は
、『ラスト・リベンジ』でポール・シュレイダーと組んだり、
『バッド・ルーテナント』でヴェルナー・ヘルツォークと組んだり
する など大御所との仕事が続いていたので、そろそろ若い駆け出しの監督と組んでみたいと思っていたところだったんだ

。ビジョンを持った情熱的な若手監督なら私 を違う風に料理してくれたり、再発見してくれたりするのではないかと期待していたので。

そもそもこの作品は脚本が良く出来ていて、キャラクター描写もしっ かりしているし、台詞も良くて、光るものを感じたよ。だから読んですぐに出演したいと思ったんだ。

そこでアレックスとベンとランチをして、実際に会ってみ ると映画のことをよくわかっているし、情熱的だったし、方向性がとても明確だったので感心したよ。


Q:2.憧れのジェリー・ルイスとの共演はいかがでしたか?ジェリー・ルイスへはご自身から出演を依頼したと聞いています。共演も凄く緊張したと語っていましたが、 実際にはいかがだったでしょうか。

◆ジェリー・ルイスと共演しているところを映画という形で永遠にしておきたかった。

実は私もジェリーもラスベガス在住で近所なんだ。

ずっと前から食事をしたいと思っていたのだけど、それが何度かかなった。ただその前にも会ったことがあっ て昔、ジェリーがサミー・デイヴィス・Jr と一緒にラスベガスでショーをやっていたことがあって、親切にもチケットをくれたんだ。

それを兄と見に行った。素晴らしいショーで、そのあとにジェリーが 自分の泊まっているホテルへ呼んでくれた。会った時に僕は「あなたは僕のヒーローです。ヒーローと呼べるのはあなたとマーロン・ブランドくらいです」と 言った。

そう聞いたジェリーは、いかにもジェリーらしく少し間をおいて、「まあ、ブランドも悪くないけど」と返してきた(笑)。ジェリーはなんと日本の浴 衣と靴下という出で立ちで、あの時の事は忘れられないよ。

その後に僕もラスベガスへ引っ越したのだけど、先ほど言ったみたいに数回食事を一緒にできた。そんないきさつもあって、今回の企画が舞い込んできたとき に、「この役で出演してくださいませんか?」とジェリーに直接聞いてみたんだ。面と向かって聞くのは相手を追い込むことになりかねないので、めったにしな いことなのだけど、どうしても彼と共演している所を映画という形で永遠にしたかった。

ジェリーは快諾してくれて「やったー」と思ったよ。

映画ではいい芝居をしてくれているので、出演シーンがもう少しあればよかったのにと思う。
ジェリーはコメディだけでなくドラマでも素晴らしい腕を見せてくれる。

スコセッシの『キング・オブ・コメディ』を見てもわかる。

自分にとってはあこがれの ヒーローだし、自分が俳優を目指したのもジェリーにあこがれてのことだったから共演は緊張したよ。でもまた共演してみたいと思う。

Q:3. 今回は段々悪へと変貌していく様がミステリアスですが、普段から演技を行う際に特に気をつけていることはありますか?

◆2か月前から覚え込みをして、台詞を体に叩き込んでいる。


まず、台詞の覚え込みを2か月前から始めることだね。

台詞を体に叩き込んでおけば、現場で余計なことを考えずに済むから。僕は台詞に縛り付けられるのはい やで、むしろ台詞に解放されたいと思ってる。

台詞が体に入っていれば、必要あればアドリブしたり、脚本から逸れたりすることもできる。

撮影中はシーン全体 に意識を集中させなければならない。
台詞のコトバに気を取られているようでは、そのコトバの根底にある思いや思考から意識が逸れてしまう。

集中力を維持するのは大変でしょうね。
熟練の経験が必要なのでは?



そうだね。現場では失礼のないように気を付けるようにしているけれど、どうしても気が散るものなんだ。だから「今は集中したい」という空気感を醸し出すこ とが大事。

失礼な言い方をする必要はないけれど、伝えなきゃ分からない人もいるからね。僕はそこまで器用じゃないから、やたら明るく振舞って場を盛り上 げ、すぐさま気持ちを切り替えて芝居に入るということができない。台詞の少ない日なら余裕はあるけれどね。

Q:4.日本のファンへメッセージをお願いします。

長年サポートしてくれて本当にありがとう。日本のみなさんが大好きだし、また日本に行きたいと思っているよ。日本は美しい国だと思うし、多くの名作を生み出している国だ。いつか日本で映画を撮りたいよ。


http://www.cinematopics.com/cinema/topics/topics.php?number=1550 

ニコラス・ケイジ (ストーン)
アカデミー賞(R)受賞俳優であるニコラス・ケイジ はシリアスなドラマ、アクション、コメディとその幅広い才能を発揮し続けるアメリカを代表する俳優のひとりである。1982年に『初体験/リッジモント・ ハイ』でデビューし、『バーディ』(85)でアラン・パーカー、『ペギー・スーの結婚』(87)ではフランシス・フォード・コッポラ、『赤ちゃん泥棒』 (88)ではコーエン兄弟、『ワイルド・アット・ハート』(91)ではデヴィッド・リンチと名だたる監督作品に出演し実力と人気を積み上げていく。そし て、マイク・フィギス監督作品『リービング・ラスベガス』(96)に出演し、アカデミー賞(R)、ゴールデン・グローブ賞(R)主演男優賞を獲得し、俳優 としての地位を確実なものとする。また、この頃からジェリー・ブラッカイマー製作による『ザ・ロック』(96)、『コン・エアー』(97)、『60セカン ズ』(00)、『ナショナル・トレジャー』(05,07)シリーズと多くの大ヒットテイメント娯楽作品にも出演していく。近年では、アクションコメディ 『キック・アス』やアニメ作品に声優として参加するなど、その演技の幅を広げて活躍を続けている。『フェイス・オフ』(98)、『シティ・オブ・エンジェ ル』(98)、『8mm』(99)、『アダプテーション』(03)、『ワールド・トレード・センター』(06)、『ゴーストライダー』(07)など他出演 作品多数。2004年には『SONNY/ソニー』で監督デビューも果たしている。

|

« ニコラス・ケイジ、映画『ダーティー・コップ』で共演のイライジャ・ウッドとは非常にいい関係!と語る | トップページ | モト冬樹、SMAP解散のニュースを聞き「さみしいですね」 »

The Trust」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198437/66959297

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ダーティー・コップ』 アカデミー賞®俳優ニコラス・ケイジ オフィシャルインタビュー:

« ニコラス・ケイジ、映画『ダーティー・コップ』で共演のイライジャ・ウッドとは非常にいい関係!と語る | トップページ | モト冬樹、SMAP解散のニュースを聞き「さみしいですね」 »